バイアグラの効果は絶大?正しい知識をしっかり得てから服用しよう!

バイアグラが誕生するまで

1998年にアメリカにある製薬会社ファイザーが開発したバイアグラは、性的不能治療薬としてその名を世界中に知られている薬です。
「ED治療薬」として名を知られる前は、狭心症などの症状を改善する薬として開発が進められていました。
その過程において、男性器の勃起障害を改善する効果が認められたことから、ED治療薬としての開発が進められることとなります。
アメリカで販売され始めた当初は、日本でも輸入代行として使用されましたが、安全性を確保したうえでの使用を推進するため、処方箋が必要な医薬品として認可されるに至ります。

 

バイアグラの作用方法

ペニスの勃起は、海綿体に血液が集中することで起こる現象ですが、この働きをスムーズにするのが「環状グアノシン一リン酸」と呼ばれる物質です。
環状グアノシン一リン酸の働きを阻害する酵素が活性化してしまうことで、勃起障害がおこります。
バイアグラの有効成分でもある「シルデナフィル」には、この酵素の働きを抑制し、環状グアノシン一リン酸の働きを促進する効能があります。
シルデナフィルがバイアグラとして体内に摂取されて有効的に働けば、正常な勃起を起こす効果が発揮されます。

 

効果の持続時間

バイアグラを摂取する人が1番気になるのが、効果と時間に関することでしょう。
服用した後、どれくらいで効果を感じ始めることができるのか、または効果をどれだけ持続できるのか、服用するからには気になるところです。
多少の個人差はありますが、バイアグラは服用から30分くらいで効果を実感できるようになります。
その後1時間ほど経過したところで効果の絶頂期を迎え、3時間から4時間ほど効果を持続することが可能です。

 

服用時の注意点

バイアグラは、絶大な効果を期待できる薬ですが、服用時にはいくつかの注意が必要です。
医師や専門家の指示に従って服用することが1番大事ですが、気を付けるべきことには下記のようなことがあります。

 

用法用量を守る

効果を少しでも多く、そして長く実感したいからと、決められた用量より多く摂取してしまうことは、とても危険な行為です。
健康障害を引き起こすこともあるため、用法と用量はしっかり守って服用する必要があります。

 

食前の服用

バイアグラは、食事の影響を受けやすい薬です。
空腹の状態だからこそ力を発揮するものであり、食後の服用は効果的ではありません。
どうしても食後になる場合は、食後から最低でも2時間はあけるようにします。

 

アルコールの摂取

バイアグラを摂取する際には、過剰なアルコールの摂取は避けるようにします。
アルコールを過剰に摂取した後にバイアグラを服用しても、しっかりと効果が発揮されない場合があります。

 

副作用の確認

バイアグラは、効果が絶大だからこそ副作用が起こる可能性も充分にあります。
誰にでもあてはまるわけではありませんが、下記のような副作用の可能性をしっかり把握してから、服用することが大事です。

 

・頭痛
・めまい
・動悸
・顔の火照り
・胃腸不調"