バイアグラ総まとめ

ED治療薬として一番耳にするものとしてバイアグラは圧倒的なネームバリューがあります。
誰しもが知ってはいるけど、詳しくはどういうものかはわからないと言った方の方が多いかと思います。
今回はバイアグラを知ることで今後使用することが会った時に安心して利用できるような内容を記します。

 

バイアグラの歴史

バイアグラはファイザーと言う製薬会社の商品名であり、薬効成分等を指すものではないです。
実はバイアグラはシルデナフィルと言う成分を狭心症の治療や改善に利用できないかの研究をしていたのですが、臨床試験での結果で服用者が強烈な勃起をしたことからED治療に効果があるのではないかと言うことでED治療薬としての研究にシフトして急激に進んだものです。
元々の目的とは違うけどうっかりできちゃったのがバイアグラの招待です。
1999年にアメリカで認可を受けてから急激に世界中に広まり、正しい服用をしなくて死亡事故が起きたり、偽物も出回ることもありました。
2014年に日本ではバイアグラの成分の特許が切れたことから後発医薬品いわゆるジェネリックの開発が可能となりました。

 

なぜ勃起を引き起こすのか

バイアグラを飲むとどうしてEDの人でも勃起を引き起こすのか単純に疑問を引き起こします。
そもそも勃起とは環状グアノシン一リン酸というものがカギを握ります。
性器の刺激で環状グアノシン一リン酸が生成されその効果で血管が緩み、緩んだ分だけ血流が増加することで勃起を引き起こします。
しかしこの勃起を阻害するものとして5-ホスホジエステラーゼというものがあり、せっかく生成された環状グアノシン一リン酸を分解していしまいます。
結果として血管を弛緩できず血流も増えないので勃起に至ることが出来ない、これがEDのメカニズムです。
バイアグラが働きかけるのはこの勃起の邪魔をする5-ホスホジエステラーゼの働きを抑える効果があります。
お邪魔虫を抑えることで本来の環状グアノシン一リン酸が活発に動くようになり勃起の効果を取り戻すようになる。
これがバイアグラの体に作用する仕組みです。

 

正しく服用して正しく使う

バイアグラの最も良い摂取のタイミングは空腹時です。
食後だと2時間と通常は言われますが、食べたものに油を多く含むものだと綺麗に流れきれず、せっかくの成分が上手く吸収されない恐れがあります。
成功の30分ほど前に摂取しておいて、徐々にピークを迎えるように調整する必要があります。
効果を強くしようとしたり、タイミングを間違って何錠も服用するのは危険を伴うので絶対にNGです。

 

使用するものが未知の物であった場合、特にそれが体に影響を与える場合は恐怖の対象になりますが、しっかり知ることで非常に心強いものであると気が付くこともできます。
バイアグラは先人たちの研究の結果と世界中の愛用者に支えられた立派なED治療薬です。
自信を取り戻すにはもってこいの代物にもなりますのでお困りの方などには使用を検討していただきたいです。